メーカーの営業担当によって住宅ローン金利が変わる

最近はインターネットが発達しどのようなものでもインターネットで検索するだけで比較サイトなどを探すことが出来ます。住宅ローンの金利もその一例です。こういったサイトで金利や手数料など総合的に比較されてランキング化されています。しかし実際に住宅メーカーを通して数社の銀行の住宅ローンを審査申し込みしたところ意外に金利が低く住宅メーカーの営業担当がお勧めしてくれたのは地方銀行でした。0.02くらい地方銀行のほうが安かったです。また住宅メーカーの営業マンに言われたのは担当している営業マンによって銀行への金利交渉が可能な場合もあるということです。これは営業マンがその銀行のローン担当者と関係が出来ていたりその銀行を過去の顧客でローン実行している数が多いなどといった場合に融通がきくというものだそうです。ですから同じ住宅メーカーの営業マンでも営業マンによって金利交渉が出来たり出来なかったりするようです。そして金利交渉が比較的可能な銀行は地方銀行に多いようです。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年12月11日 10:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「むじんくんで簡単にキャッシングができました」です。

次のブログ記事は「彼女へのプレゼント購入で大きく役立ったレイクカード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。