2014年12月アーカイブ

僕は独身ですが、一人暮らしを行っているために毎月家賃や生活費がかかります。毎月家賃は6万円支払っていますが、食費や光熱費などを合わせても10万円はかかります。その他もろもろの支払があり、手元には2万弱しか残らない状態です。僕には長年彼女と交際しており、彼女の誕生日には満足に何もプレゼントを渡していません。そこで先日レイクのキャッシングカードを作りました。同僚の間で人気が高かったのでレイクに決めました。直ぐに審査を終えスピーディな対応には驚きました。その日には指定口座へ5万円が振り込まれており、早速彼女へのプレゼント購入に充てることができました。彼女もプレゼントに大喜びでした。生きていく中ではお金が必要な場面も沢山あります。それが直ぐに必要となった場合、貯金がなくてはどうしようもありません。レイクは借りやすい事と、返済しやすいという特徴があり、キャッシングも24時間対応という点は助かる存在です。
http://www.aos2012.org/至急お金が必要な方専用!
最近はインターネットが発達しどのようなものでもインターネットで検索するだけで比較サイトなどを探すことが出来ます。住宅ローンの金利もその一例です。こういったサイトで金利や手数料など総合的に比較されてランキング化されています。しかし実際に住宅メーカーを通して数社の銀行の住宅ローンを審査申し込みしたところ意外に金利が低く住宅メーカーの営業担当がお勧めしてくれたのは地方銀行でした。0.02くらい地方銀行のほうが安かったです。また住宅メーカーの営業マンに言われたのは担当している営業マンによって銀行への金利交渉が可能な場合もあるということです。これは営業マンがその銀行のローン担当者と関係が出来ていたりその銀行を過去の顧客でローン実行している数が多いなどといった場合に融通がきくというものだそうです。ですから同じ住宅メーカーの営業マンでも営業マンによって金利交渉が出来たり出来なかったりするようです。そして金利交渉が比較的可能な銀行は地方銀行に多いようです。
私がアコムで、むじんくんを利用してキャッシングの申し込みをした時のことをお話しします。
むじんくんは、完全に個室になっていました。しかも中に入ると、ドアに施錠することができました。ガラスドアですが、曇りガラスなので、外から顔が見られることはありません。プライバシーが守られるので、有難いと思いました。
むじんくんにはスピーカーがついていて、そこから自動音声で操作方法の説明がおこなわれました。基本的にはそれに従って操作をするだけなので、キャッシング初心者の私でも、迷うことなく申し込み手続きを進めることができました。
まずは申し込み用紙に記入をして、それをむじんくんの中に入れます。それから、自分の年収や借り入れ希望金額などをタッチパネルで入力します。そして、本人確認ができる書類をタッチパネルに乗せます。私は運転免許証を使いました。乗せるだけで情報が読み込まれるので、簡単です。
審査はその場でおこなわれ、すぐに結果が出されました。幸い私は審査に通過して今いた。むじんくんの中にはATMもあるので、さっそく私はそのATMで借り入れをしました。このように、むじんくではとても簡単にキャッシングができました。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。